2008年12月09日

30歳男の「婚活」,Kammy+の場合.

前回の記事に書いた「結婚準備中」報告は,TakahashiMasaki氏に発見されてはてなブックマークに載ったことにより,ここ数日でいっぺんにひろまったようです.
TakahashiMasaki氏の影響力の大きさには恐れ入るばかりです.

そのブックマークを見てみますと,経緯を知りたいという声がいくつかありましたので,答えられる範囲でお答えできればと思っております.
ただ,相手のあることですので,昔ほど何でもあけすけに答えるのは難しいことを,どうかご了承ください.


私は今年の4月に,大手結婚相談所に入会しました.
理由はいろいろあります.

 ・親を数年後には扶養親族とする必要があること(うちは母子家庭)
 ・社会人生活も3年目に入り,生きていくことに自信が持てるようになってきた
 ・女性と出会うチャンスが減った
 ・妹が結婚&妊娠し,親族からのプレッシャーが増した
 ・万策尽きて門を叩くより,若いうちに活動を始めたほうが有利

いろいろ挙げてみたものの,ベースにあるのはやはり自分自身が結婚を望んでいたというのが一番の理由ではないかと思います.

いつ頃からかはわかりませんが,この頃には私は「恋愛がしたい」というふうには,思わなくなっていました.
だけども,生涯をともにできる「相棒」のようなパートナーは欲しかったのです.
昔は,そのようなパートナーを得るためには駆け引きに満ちた恋愛に飛び込むしか他に道はないと思っていたために葛藤があったのですが,学生ではなくなり,適齢期に入った私には「お見合い」的な出会いという選択肢が選べるようになっていたのです.

女性会員の多くは私の今の居住地よりも大きな街に住んでいる方が多く,「今住んでるところより田舎には住みたくない・不安」という理由を口にする女性が多かったことにゲンナリしたり,こちらから面会の希望を出しても失敗ばかりと,開始3ヶ月ほどで諦めムードも漂っていました.
しかし,8月に知り合った女性とは初めて会ったときから会話が弾み,その後も何度も会うことで,お互いが非常に近い価値観の持ち主だということがわかり,あっという間に打ち解けあい,現在に至るまでお付き合いは順調に進んできました.

自分でも驚くくらい,自分のなかに「妥協」の気持ちはありません.
「こういうひとと結婚したい」
そういった理想に,ことどとく合致している彼女.もちろん大好きです.
今はこの気持ちが一過性のものでないか,お互い相手のことをきちんと見定めているのかを見極めるため,さまざまな角度から見つめなおしつつ,将来の青写真をふたりで描く作業の最中です.

なお,今回の交際については,森岡正博氏の『草食系男子の恋愛学』が心構えとして有益に作用したことを申し添えておきます.


質問を受け付けます.質問はコメント欄にお願いします.
誹謗・中傷に関してはコメントを削除させていただく場合もありますのでご了承ください.
posted by Kammy+ at 00:57| | Comment(11) | TrackBack(0) | Category P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

放置しちゃってました

気付いたらここを半年以上も放置していました….
本家ホームページのトップページもやっと4枚目に.

歳をとって30歳になりましたので,駅番号を変えました.
最近は仕事が中心になってきており,ホームページまで手が回らない状態が続いております.

また,かつては「非モテ」話題に執心していた私でありますが,
現在は良縁に恵まれ,結婚に向けて準備を進めているところです.
社会人生活は現在3年目.
気付かないうちに私も少しは大人になったのかもしれません….

本家HP
Kammy+'s space
posted by Kammy+ at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 案内・告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。