2009年09月24日

男の旅・女の旅

旅好きの男性が,親しい女性と遠出するときの心得を
自分になりに気付いて改善したことを中心にあげてみることにします.
あくまで私目線からの気付きだけですが…


・一番基本は「生理現象(尿意や食欲,眠気など)に最大限配慮する」

私はトイレに行く回数が少ないほうで,
男同士やひとりの旅ではほとんど意識することがなかったのですが,
自分が行動のイニシアチブをとる場合,自分が尿意や眠気を感じていない状態でも,
相手に確認しながら進むことは大事だと思います.

特に,次にトイレに行けるまで時間があくときには前もって伝えるなど,
旅は常にふたりの体調が問題のない状態を維持するようになりました.
体調がよくないとちょっとしたことでも気分が盛り下がるので,
水分補給や空腹回避も意識的にするようになりました.


・服装や靴と出かける場所は一致しているか

気合の入ったデート着の女の子と普段着の男が一緒に
牛丼屋で食事しているのを見かけることがありますが,
あれは女の子がかわいそうだなあ,と思うようになりました.
以前は「アイツ,カワイイ彼女連れてウラヤマシイ…」でしたが.

2人の服装の気合の違いはあったとしても,
少なくとも相手の身なりに合わない場所には連れて行かないように
計画を練ることも大事ではないかと思います.

たとえば,奮発してディナーに行きたいとき,
彼女にはサプライズにしたいからと何も告げずに店に連れて行くのは
彼女がジーンズにスニーカー姿で来るかも知れないわけで.
それでは彼女はいくらディナーがおいしくても,
周りの目を気にして,食事を心から楽しめなくなってしまう….
そういうことも,彼女と一緒に出かけるうちにわかってきました.

したがって,旅のプランを話すことはもちろん,
そのときの格好でいける場所・いけない場所についても
相手を考慮しておく必要があるかと思います.


・旅に何を求めるのか

私の周りの旅行好き独身男性に多く見られるのが,
「どこどこを制覇する」
「1日の走行距離記録を更新」
といった,自ら立てた目標を達成することが原動力の旅です.

しかし,
「達成したい一番の目標が二人とも同じ」
ということはまれで,
たいがいの場合,二人の情熱には差があります.

特に,女性が「旅好き」と言う場合には,
「目標達成のためなら労力を惜しまない」というタイプではなく,
「旅先で旅行客としてサービスを受けることが好き」ということを
意味している場合もあるので,注意が必要だと思います.

それだけでなく,同じ旅好きでも
自ら進んで旅行計画を立てるのが好きな人間もいれば,
ツアーにおまかせで,観光地を連れてまわってもらうのが好きな
旅好きもいるわけです.

二人で旅行するときは,二人で最大幸福が得られるように
お互いが何を求めているかをよく理解することが大事だと思います.

たとえば,ホテル代はケチって他にまわすのか,
人気の夕食付き宿泊プランに最低1泊は泊まりたいのか….
ひとりでは特に断りも無く決めれることも,
ふたりではそう簡単に自由にならないことは意識するようになりました.

あまりに自分のおめあてが相手の好みに合わない場合は,
別行動にしたり,単独行にしたり,
お互いがどこまで妥協できるかを話しておくと良いと思います.


私の場合,無意識に「○○制覇」といった旅行パターンになっていたものが
ここのところ,旅の楽しみ方が増えたように思います.
妻のことを考えるようになったことで,
結果的に私の旅の質も,いままでよりも無理をせずに,
ひとつひとつの出来事をじっくり味わえるようになりました.
posted by Kammy+ at 00:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Category T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128701644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。