2009年11月19日

twitterで失態.

先日から使っているtwitter.
ふと頭をよぎったことなどを,メモ帳代わりに使っていたんですが,
数日前のつぶやきがいつの間にかはてなブックマークにブクマされて,私の予期せぬ方向で盛り上がってしまってました.

「男にとって女がめんどくさい生き物なのは不変の事実。今は、性欲が割と容易に満たせる時代。だから女性の価値が下がっている。そのこと自体に善悪はない、はず。」

これをつぶやいたとき,頭にあったのは
昔は男が性的に満たされるためにはとにかく女性を知り,生身の女性と渡り合うことが必要だったのに,
今では女性とコミュニケーションしなくても手っ取り早く性欲を満たせるツールが発達してしまい,
相対的に男が女に「がっつく」力は弱まったのかなあ,
でもそういうツールが発達すること自体に善悪ってないよなあ,

というようなことだったのです.

数日後,twitterの私のフォロワーが突然増えだし,
どうしたことかと思っていると,
「男が女を見下して,女の価値は性的な面でしか見てないんですね」
というふうに捉えられているのを知ったのでした.

最近,口は災いの元ということを実生活でも身に染みて感じている中,
またしても私はやらかしてしまったようです.

それに今回はtwitterというよく使いこなせてないツールで,
ネットリテラシー的にもお粗末な対応しかできなかったことがくやしいです.
つぶやきといっても,居酒屋での愚痴のようなことでも
よくよく考えてつぶやかないといけないことを痛感しました.
こういう発言で傷ついている人がいるなら,
私はこういうことをネットで言わないようにしなければ.
追記

はてなブックマークのコメント読んだけど,
このつぶやきを私自身のスタンスだと捉えてコメントされているのを見ると,ただただ悲しいです.
いや,これを読んだ人にはこの断片が,私がtwitterでメモ程度に書いたものだなんて知りもしないのだから,責めてもしょうがないし,むしろ責任を持つべきは私自身です.
これからはもっと気をつけないとダメですね.
posted by Kammy+ at 00:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 案内・告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[社会][非モテ][流行][おひとりさま]続、拝啓渡辺先生へ
Excerpt:    前回のエントリでご紹介した、渡辺先生が今週の週刊新潮でも結婚問題を語ってらっしゃいました。  ちょっと、抜き出します。  前々回、「結婚はペイしない」と言っている若い男たちのことを書いたら、数..
Weblog: tyokorataの日記
Tracked: 2009-11-26 14:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。